SNSで人探しを成功する方法!成功した人だけがするマル秘テクとは?

自分で人探しをするときにオススメの方法としてSNSで探すという方法があります。インターネットに繋がっている人なら、誰でも無料で簡単に使えるSNSでどのように目的の人物を見つけるのでしょうか。詳しく解説していきます。

SNSで人探しを成功する方法!

SNSで人探しをする方法は二つあります。「検索」と「投稿」を使って探す方法です。「検索」で探す方法は目的とする人物の名前を検索してみてください。フルネームだけでなく、ニックネームなど思いつく限りのその人の呼び方で検索してください。「投稿」で探す方法はその人の情報と特定のタグを書いた文章をタイムラインに投稿します。探している人物や探している人物の情報を知っている人に届くようにできるだけ、拡散することが大切です。ここからさらにSNS別に解説していきます。

Twitter

Twitterにはリツイートという機能があり、他のSNSより拡散性が高いです。そのためリツイートされれば多くの人に見られることができ、「投稿」で探すのに向いています。Twitterに投稿する方法は「ツイートの仕方」を参考にしてください。Twitterは平均年齢が若いユーザーが多く、ニックネームや架空の名前で登録しているアカウントが比較的多いです。投稿をする際、ハッシュタグ機能を使いましょう。ハッシュタグをつけることで、投稿が見つけられやすくなり、多くの人に見てもらえます。「#人探し」は人探しをtwitterでする際は必須のハッシュタグですので、投稿に追加してください。

ハッシュタグについて知らない人は「ハッシュタグって何?」を参考にしてください。

Facebook

世界トップクラスのSNSであるFacebookは平均年齢が比較的年齢が高いです。若年層はあまりアクティブに使っていないことが多いです。Facebookeは基本的に実名登録制です。そのため「検索」で探すのに向いています。探している人の実名がわかれば、Facabook上で検索して、登録していれば出てくるかもしれません。Facebookの検索の仕方は「 Facebook検索の仕方」を参考にしてください。

Instagram

Instagramは女性がアクティブに使っているSNSです。閉鎖的で拡散性が低く「投稿」での人探しに向いていません。ツイッターより実名に近い登録名ですが、あだ名やアルファベットが多く、推測しやすくはなく、「検索にもあまり向いていません」。しかしFacebookもTwitterもアクティブではないけど、Instagramはアクティブという方はかなりの数いますので、「検索」で推測される名前で探してみることをオススメします。Instagramの検索の方法は「Instagramの検索の仕方」を参考にしてください。

SNSで人探しをする際のマル秘テクニックや注意すべき点はある?

これをやれば必ず見つけられるというマル秘テクニックのようなものは存在しません。注意点としては、個人情報の取り扱いです。特にTwitterは簡単に拡散される分、個人情報の漏洩や炎上のリスクに特に注意しなければなりません。公開しても大丈夫な情報かどうか注意深く判断した上で投稿しましょう。

SNS以外の人探し方法

他の人探しを方法として、探偵に依頼する方法と人探し掲示板を利用する方法を紹介します。


人探し掲示板に掲載して、人探しする方法を知りたい方はこちらを参考にしてください。

オススメの人探し掲示板は?人探しの方法から注意点まで!


探偵に依頼する方法について詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

人探しを探偵に依頼した際の注意点!料金や日数は?本当に見つかるの?

まとめ

SNSで人探しをする方法を詳しく解説しました。他の無料でできる方法も試してみて、人探しが成功するように頑張ってください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。